◆アダルトちゃんねる◆

. .。.:*・゜゚・*:.。. .。
∵対面上位体位で射精のタイミングコントロール∵
゚・*:.。. .。. .。.:*・゜


一般男性は、さも当たり前のように正常位で交接をスタートしますが、それは、これからジャンクセックスをしますよと、女性に予告しているようなものです。

 ペニスを長持ちさせることだけを考えれば、興奮を抑制しリラックスさせる副交感神経が優位に立つように、男性が仰向けの姿勢になれる体位がいいのですが、交接のスタートが、女性上位というのも非現実的です。

 そこでセックスのスタート体位として奨励しているのが、対面上体立位です。聞きなれない体位と思われるのも無理ありません。決して難しい体位ではありません。対面上体立位とは、いわゆる正常位の体勢から、男性の上体をベッドに対して垂直に起こした形です。いつもの前傾姿勢から垂直に、角度にして約45度の違いですが、たったこれだけの差が、ペニスの環境に大きな変化をもたらします。
欲しいものがきっとある

⇒【エルシーラブコスメティック】


 まず、男性の上体が垂直になることで、交感神経と副交感神経がニュートラルな状態になります。この自律神経の平衡化によって、過度な興奮が抑えられ、早漏気味の男性でも、射精のタイミングをある程度はコントロールできるようになるのです。

 また、試していただければすぐにわかりますが、この体位は、腰を激しく動かすには不向きな体位です。したがって自然と下半身の暴走を食い止めることができるのです。

 おのれの射精欲に執着し、なおかつ、「女性も激しいピストン運動を望んでいる」と誤解している男性は、正常位以外の体位でも、無意識のうちに腰を激しく動かせる姿勢を探しがちです。これが間違いのもと。ゆったりとした交接が生み出す淡い官能を味わうことにこそ、交接の真の醍醐味があるのです。腰を自由に動かせないなんて物足りないというムキもいらっしゃるでしょう。ならばハッキリ言ってさしあげましょう。多くの一般女性は、交接時間の短さに物足りなさを感じているのです。

 交接時間のコントロールは、良くも悪くもセックスの主導権を握る男性の使命です。

早漏克服プログラムproduced by早漏克服実践会
【今モテ】城咲仁のモテる男養成講座





BACK~

☆オススメリンク☆
携帯ナンパ塾 | ラブホ豆知識 | ED★克服 | 悩むな仮性包茎 | 秘密厳守のアダルトグッツ通販 | 日刊無料アダルトムービー

友達に教える


携帯アクセス解析


My favorite
素敵な出会いラブ☆ラビリンスから|エロエロチェリーキラー選びたい放|浜崎りお携帯エロ動画|BIGLOBE地図|携帯出会い系で出会い|女性のためのアダルトグッズショッ|ケイタイBIGLOBE